クレジットカードに分割払いが設定されているなら有効活用しよう

思わぬ所で散財してしまった後には、急激な金欠状態に次の給料日までピンチの時は誰にでも起こり得ることです。
しかし、カードローン審査を受けてもすぐに金欠状態が改善するとは限らず、急いで借入をしたいならば、クレジットカード現金化を視野に入れてみると良いでしょう。

クレジットカードの低金利な分割払いを使わない手はない

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の2種類が設定可能です。
ショッピング枠は全てのクレジットカードに設定されていますが、キャッシング枠は申込時に希望した場合のみ別途審査を経て設定するものであって、必ずしもクレジットカード全部に付いているものではありません。
キャッシング枠により借入した際には、利息制限法に定められた上限金利ギリギリの年率18%近い金利設定が行われているので、数十万円といった金額を借入すると総返済額が膨らみがちです。
ショッピング枠の金利設定は、分割払い回数により異なるものの数%の範囲で収まることが多いので、クレジットカードの低金利なショッピング枠で買い物をした方が有利なことが分かります。

カードローンは即日審査に対応している金融業者が減っている

銀行カードローンが即日審査を自粛したことにより、即日審査を行ってもらえる金融業者は消費者金融が中心となりました。
しかし、消費者金融には総量規制が存在するので、年収と他社借入状況により必ずしも希望額の融資が受けられるとは限りません。
クレジットカード現金化ならば、新たに審査を受ける必要が無く現金化業者との売買契約の結果として現金調達ができる仕組みです。
手続き内容と手数料に納得できたならば、すぐに手続きを行える手軽さがあります。
即日振込みにも対応しているので、振込可能金融機関に注意すれば即日振込みも可能です。

クレジットカード会社としてもショッピング分割払いは利益が出る

クレジットカードのショッピング枠を現金化することは、カード会社の利用規約違反とはなりますが、カード会社としては本来売上が伸びて分割払いによる利息収入も増えます。
日本以外の国では、ショッピング枠の現金化が禁止されていないために広く行われている地域が多く、無理な使い方をしない限りは有効な方法です。
ショッピング分割払いは低金利だからこそカード会社にとってメリットが少ないと考えがちですが、実際には手数料収入と利息の二重取りができるので歓迎しても良いくらいです。
クレジットカードの現金化を行った結果として、クレジットカードが利用停止となるリスクがあっても、違法行為がごく一部の場合に限られていることが摘発件数の少なさからも分かります。

誰でも利用できるショッピング枠現金化

クレジットカード現金化業者を利用すれば、新たにカードローンを申し込む必要性が無く、審査不要だからこそ審査落ちの心配をしなくて済みます。
ショッピング分割払金利は、キャッシング枠よりも遥かに低く半分以下の金利設定も珍しくありません。
ショッピング分割払いが設定されているならば、計画的に現金化して有効活用してみると良いでしょう。